紫外線カットや眼の疲れを抑えるなどの機能レンズ

紫外線をカットしてくれるレンズとは

太陽光が眩しいときはサングラスをかける、というのが普通ですが、最近では普通のメガネのレンズにも紫外線をカットする機能が備わっています。そもそも、なぜメガネで紫外線をカットしなければならないのでしょうか。紫外線と言えばお肌の天敵。過度に紫外線を浴びると、肌がダメージを受けてシミや肌荒れの原因になったり、肌の老化を加速させることが分かっています。実は肌と同じように、目も紫外線によってダメージを受けるのです。目が長時間紫外線を浴び続けると慢性的な充血を起こしてしまう他、白内障などのリスクが高まったり、白眼の一部が黄色く濁る瞼裂斑(けんれつはん)などの眼病を起こしやすくなってしまいます。 紫外線によるダメージは、どんどん目の中に蓄積されていきます。つまり目を守るためには、日常的に紫外線をブロックする必要があるのです。とはいえ日常生活を送る上でずっとサングラスをかけている訳にもいきません。そこで機能性レンズが活躍するのです。機能性レンズならば見た目は普通の透明レンズなので、職場などでも問題なく着用することができますし、外出するのに合わせてわざわざかけ直す必要もありません。視力を補正しつつ、目の健康を守ることができるのです。

現代人に優しい、目が疲れにくいレンズ

パソコンやスマートフォンといった液晶画面を見る時間が長い現代人。こうした液晶画面をメガネをかけた状態で長時間見続けていると、通常よりも目が疲れてしまうことが分かっています。こうした疲れ目は、近視用レンズの機能によって起こります。そもそも人間の目は、眼球内部にある筋肉の動きによって水晶体の厚みを変えてピントを合わせています。遠くのものは少ない筋力でいいのですが、近くのものを見るときはこの筋肉に力を込めることによってピントを調節しているのです。普通でも液晶を長時間見続けると目が疲れるのですが、近視用メガネをかけていると余計に眼球内の筋肉を酷使することになり、目が疲れやすくなるのです。

スマホを見るときはメガネをはずす、あるいは度の低いメガネに取り換えるという対策を取る人もいますが、やはり煩わしさは否めません。そこで登場するのが、疲れ目を軽減してくれる機能レンズです。一枚のレンズに遠くが見やすいゾーンと、スマホなど近くを見るときにピント調節をサポートしてくれるゾーンがあり、メガネを変えることなく遠くと手元をピント切り替えすることができます。目の疲れが軽減されると、肩こりなども解消されることが多いため、現代人にはありがたいレンズと言えるでしょう。

眼鏡とは、枠組にレンズを入れた器具を用いて、低下した視力を補正するものです。レンズの強度やデザイン、カラーなどが豊富にありファッションとして付ける方もいます。