ブラウン系やサングラス系などのオシャレ用カラーレンズ

オシャレだけではなく機能もあって優秀です

オシャレ度をアップしてくれるアイテムとして注目されているのがカラーレンズのメガネです。カラーバリエーションも豊富で、色の濃度もいくつか段階があるので色と濃度の組み合わせ次第では、多種多彩のカラーレンズがありオシャレの幅を広げてくれます。しかし、色とその濃度の組み合わせを間違えてしまうとメガネだけが悪目立ちしてしまう可能性がありますので、どういう風な印象に見せたいのかイメージが大事になってきます。

カラーレンズの色の濃度は、10%、15%、25%、35%、50%と分かれており、10%だと見た目には通常のメガネと同じように見えますので、違和感なく使えます。15%、25%だとメガネをかけた時に、相手からレンズを通して自分の目が見えるぐらいの濃さなので、印象も柔らかく初めての人にも使いやすいです。色の濃度が50%以上になるとサングラスのような濃さで、まぶしさを抑えることを優先したい時やクールさを演出したい時に選ぶといいです。カラーレンズはまぶしさを軽減してくれて、視界をクリアにしてくれます。レンズによっては紫外線カットのコーティングがされていないものがありますので、紫外線カット機能が施されているレンズを選べば外でのアクテビティにも安心です。

色によって与える印象が変わります

カラーレンズが与える印象や役割がわかったら、次はそれぞれの色の特徴を見ていきましょう。カラーレンズの定番色のブラウン系は、肌に近い色なのでメガネをかけた時にナチュラルに仕上がり初心者でも使いやすいです。光の反射によるまぶしさを抑えてくれるので、ゴルフの際に使用すれば芝生が鮮明に見やすくなります。同じく定番色のグレー系は、大人っぽくクールな印象に見せたい時におすすめです。色の濃度が10%のものなら色の主張が強くないので、プライベート以外でもシーンを選ばずに使えます。日差しを均一にカットしてくれて自然な色の見え方ができるので、ドライブやジョギングの時に活躍してくれます。 せっかくカラーレンズにするなら定番色ではなく緑やピンク、黄色など思いきった色選びをしてみるのもおもしろいですね。メガネをかけるだけでファッションのポイントになりますし、オシャレ度は一気に上がります。若々しさや元気さを演出するのに向いています。特にピンクは血色をよく見せてくれるので、明るい顔色の印象になります。また、これらの色の濃度を低くするとパステルカラーの様な見た目になり優しい印象です。これならメイクにも合いやすいので挑戦しやすいです。 カラーレンズのメガネを何種類か用意して、TPOに合わせて使い分けられたらコーディネートが何通りにも広がり毎日が楽しくなりますね。